歯科医院・歯医者の患者が増えるコツ

注目されるインターネット広告

パソコンや携帯の広告費が新聞広告を抜いた 2009年
2009 年の日本の広告費は5 兆9,222 億円、前年比11.5%減
2 年連続で減少、インターネット、衛星メディア関連以外の各媒体が減少  ※電通抜粋

媒体別にみると、「新聞広告費」(前年比81.4%)が大きく減少し、「テレビ広告費」(同 89.8%)も減少して、「マスコミ四媒体広告費」(同85.7%)は5 年連続して前年を下回っ た。マスコミ広告以外では、「屋外」や「交通」をはじめ内訳のすべてが減少した「プロモ ーションメディア広告費」(同88.2%)が2 年連続で減少した。BSデジタル放送などの 増加で「衛星メディア関連広告費」(同104.9%)が引き続き伸びたが、伸び率は1ケタに とどまった。「インターネット広告費」(同101.2%)は検索連動広告やモバイル広告では 伸びた。



10年で約10倍に拡大 ネット広告の強大な力を認めるべき

過去10年間の総広告費は殆ど変わってなく「新聞」「雑誌」「ラジオ」「テレビ」は大幅に減少する中、インターネット広告は10倍にも拡大した。

上記の結果はインターネットの普及でホームページ等を利用した積極的広告が注目され、導入された結果である。

ホームページ等のインターネット広告をまだ導入されていない医院では、増患において非常にもったいない状態になっているかもしれません。また導入されていても、その広告(ホームページ)を多くの方に見てもらえない状況になっている可能性もあります。インターネットの世界ではより多くの方に見てもらう工夫がなければホームページを持っていても増患には繋がらないのです。
逆に、効率良くより多くの方に見てもらうことができれば、新患獲得に絶大な効果をもたらすのです。